WindowsXP搭載の新品パソコンを、いまから購入する方法



トップページ XP 新品パソコン XP 新品デスクトップパソコン XP 新品ノートパソコン XP 中古パソコン Office
 

  新品のXPパソコンは、いまどこに?まだまだ必要なXP搭載パソコン

 10年前の2001年にWindows XPはリリースされて、10年以上も経ちますが、まだ現在でも特に企業では、Windows XPはまだ現役でよく利用されています。その理由として、Windows XPでしか動かないアプリケーションや特殊な業務ソフトがあり、なかなか新しいOS(Windows 7等)に移行できないからという理由です。ビジネス用PCではいまだにWindows XPが74%のシェアを占めるとのこと。店頭から消えているOSとは思えないほどの人気です。 マイクロソフトは、OEM版Windows 7 Professional / Ultimateに提供しているXP / Vistaへのダウングレード権を、Windows 7のサポートが続く限り一緒に提供し続けると発表しました。Windows 7 Professionalは少なくとも2020年1月までサポートが行われますので、XP / Vistaへのダウングレード権も2020年まで続くことになります。

マイクロソフトのボリュームライセンスやソフトウェア アシュアランスを利用した場合は、これらの期限とは関係なく旧バージョンへダウングレードすることが可能です。また反対にパッケージ版ではダウングレードすることはできません。

 しかし、Windows XPで稼働するパソコンは、時間と共に老朽化が進んでいきます。特にハードディスクの老朽化はどうしても避けられません。万が一故障したら、別途でWindows XPが動くマシンを用意しなければ、仕事に支障がでてしまいます。ところがWindows XPプレインストールPCの販売はメーカーでは終了しており、店頭からも今では見ることが出来ません。であれば、新たに購入したPCに別途Windows XPをインストールできれば、代替できそう気がします。しかし、10年も前にリリースされたWindows OSが、果たして最新ハードウェアを搭載した現在のPCにインストールできるかどうかという大きな問題がでてきます。


 

  Windows XPはインスールメディア単体での入手が困難または高額

インターネット上で、通常版は探してみたものの、ほとんどが品切れ状態。OEMやDSP版でさえプレミア価格になっていたり、Amazonでは相当な価格高騰状態です。 価格ドットコムでもヒットするものの、実際に販売している店舗やネットショップはゼロでした。 というわけで、XP単品を新品で入手する事は、ほぼ無理な状況といえるでしょう。


 

  XPへのダウングレードとは?

マイクロソフトは企業向けの「Windows Vista Business」と、「Windows7Vista Professional、Ultimate」で「OSのダウングレード」を認めています。つまり、別途OSのライセンスを買いなおさなくても、パソコンのOSをWindows XPにダウングレード(変更)して使用できます。 OSをダウングレードすると「OSをダウングレードする」って、実際にはどうすればいいのでしょう?


 

  一番手軽にXPダウングレードしたい場合

ご自分でXPダウングレードするのが費用的にはかからないのですが、実際にはドライバ適用など手間やテクニックが必要になります。そのため、専門にダウングレードを代行しているネットショップに依頼するのが、一番お手軽な方法になります。
XP搭載の新品パソコンなら Windows XP専門店


 

  いまでもXPを販売しているネットショップの紹介

XP搭載の新品パソコンなら Windows XP専門店
あるところにはあるんですね、あのロングセラー、XP搭載の新品パソコン
XP新品パソコン
XP新品デスクトップパソコン
XP新品ノートパソコン
Windows7からXPへのダウングレードとは?
WindowsXP大辞典
XP新品パソコン (新品XPパソコン)紹介
トレンドプレス
XP 中古パソコン
XP Professional
XP Home Edition
Copyright © 2008 WindowsXP搭載の新品パソコンを、いまから購入する方法 All rights reserved.